ノコギリヤシと医薬品として使用している国もあります

日本ではサプリメントとして流通している「ノコギリヤシ」ですが、ヨーロッパの多くの国では治療用の医薬品として認められています。ノコギリヤシが治療に用いられる病気は、「前立腺肥大症」という病気です。前立腺肥大症は、男性ホルモンのバランスの見られが主な原因となっているといわれており、40代以降の男性に多く見られる症状です。前立腺肥大症に対する治療法というと、ホルモン系や交感神経系の薬を用いるのが今までは一般的でした。

しかし、それらの薬は、性欲の減退、勢力の低下、めまいや倦怠感などの副作用をあらわすことが少なくないとされています。一方のノコギリヤシは、前立腺肥大症への改善効果が高いことはもちろんのこと、副作用もほとんどないと言われています。最近では、日本のクリニックなどでも使用されることが多くなっているようです。日本では、ノコギリヤシはサプリメントとして多く流通しているため、手軽に手に入れる事ができます。サプリメントを選ぶ際には、ノコギリヤシエキスの1日当たりの摂取量が320mg以上となる物を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です