肌が弱い方でも安心して受けられるTBC脱毛

肌が弱いと、無駄毛処理も一苦労ですよね。カミソリでの自己処理は無駄毛と一緒に、肌に必要な角質まで剃ってしまうので、肌荒れを起こす元になってしまいます。また毛抜きでの無駄毛処理は、無駄毛を抜く時、無駄毛と一緒に皮膚まで引っ張ってしまうので、毛穴に大きな負担がかかってしまうんです。カミソリや毛抜きを使った自己処理は、肌荒れをしやすくなるだけでなく、埋没毛や毛嚢炎といった皮膚科で治療が必要な、トラブルを起こしてしまいかねません。

 

肌が弱いという方はエステサロンで、肌を傷めず脱毛するのがお勧めですよ。エステサロンの中でも、特に肌が弱いという方にお勧めなのがTBCです。TBCでは肌の状態に合わせて脱毛法を選んでくれますし、カウンセリングも無料なので、脱毛に対する不安がある時は、しっかりと相談する事もできます。またTBC脱毛は体験コースもあるので、まずはお試ししてから、ちゃんとしたコースを申し込む事もできるので、肌が弱く脱毛するのが不安という方も、安心して施術を受けられるでしょう。

女性の悩みを解決するマカの効能

女性にとって月に一度の月経はイライラ、頭痛、便秘、そして加齢とともに起こる更年期障害、それ以外にも不妊症、冷え性といった話題はつきものです。特に冷え性などはすぐに良くなるものではなく、ゆっくりと体の中から改善されていくことで効果が出てくるものです。そこでおすすめされるのがマカです。マカは女性ホルモンのエストロゲンやホルモンの分泌を支持する脳下垂体などの働きを促す成分が含まれています。女性の月経にはこのエストロゲンが大きく影響されています。

エストロゲンの働きが正常でないと月経トラブルを引き起こしてしまいます。月経トラブルが元で不妊の場合なども多くの女性が抱えている問題ではありますが、マカを摂取することで正常な女性ホルモンの働きを少しづつ取り戻していくことが可能です。更年期障害に対しても同様で、加齢とともに失われる女性ホルモンはやがて閉経をむかえます。その体についていくためにもマカのサプリメントを積極的に摂取することをおすすめします。

杜仲茶に含まれる注目成分

杜仲茶には、ダイエットや健康効果へ期待が集まる注目成分が含まれています。まずその成分のひとつとして、ゲニポシド酸があります。ゲニポシド酸が与える働きとして、高血圧予防、間接津、腰痛、肩こりの緩和、利尿作用、筋肉や骨の老化防止があります。ゲニポシド酸は、副交感神経に作用して、動脈の平滑筋を刺激して血管を広げる作用を持っており、この作用から血液の流れが良くなり、血圧が下がったり、関節痛や筋肉の痛みを緩和します。

もうひとつの注目成分は、アディポネクチンです。この成分は脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの一種で、糖尿病や動脈硬化など様々な疾患の予防につながるといわれており、杜仲茶にも含まれています。脂肪細胞から分泌されるホルモンですが、内臓脂肪がある一定量を超えて増加しているとアディポネクチンは減少することがわかっています。内臓脂肪が多すぎると、メタボリックシンドロームからさまざまな疾病を招きますし、ダイエットの妨げともなりますので、杜仲茶を生活に取り入れると、体内から改善することができます。

コエンザイムQ10で肌を若々しく

コエンザイムQ10は、アンチエイジングに効果を期待できる成分です。食べ物から摂取でき、また人間の体の中でも作られている成分でもあります。成分が含まれる食べ物として、イワシ、サバ、ブロッコリー、ピーナツなどがありますが、いずれも含有量は少なく、体に吸収されにくいものです。また体内で作られる量も20代以降は、加齢とともに減り続けていきます。そのため、意識して体外から補給したい成分ということができます。

コエンザイムQ10は肌に対して2つの効用があります。肌の活性化作用と、抗酸化作用です。肌は本来ダメージから守り修復する機能がありますが、加齢とともにその機能は衰えてしまいます。コエンザイムQ10は、細胞の働きを活性化する手助けをしてくれますので、肌のバリア機能を守ってくれます。また、若いときは日焼けしてもシミができたりはしません。しかし、加齢とともにしみができやすくなるのは、コエンザイムQ10の減少による抗酸化作用の弱まりによるものです。この二つの機能により、肌の若さを保ってくれるのがコエンザイムQ10なのです。