痩せるために必要なデトックスケア

痩せるために食事・運動ケアは必須です。
食生活における痩せるケアとは、体に良い食生活をすること。
白いものよりも茶色のもののほうが体の吸収がいいので、白米よりも玄米、食パンよりも黒糖パンやブランパンがおすすめです。
また、日々しっかり野菜はとります。両手いっぱいの野菜をとることが理想です。
野菜は熱すると体積が減るため、一番手軽なのは野菜炒めやスープにして飲むこと。
キャベツをバターで炒めたり、丸ごとのたまねぎをコンソメスープで電子レンジ調理するだけで出来上がります。
味が足りなければ塩コショウはもちろん、お酢やレモン、七味やラー油を足してもかまいません。
ただし、マヨネーズやケチャップを過剰に投入するのはやめます。
特にマヨネーズは油と卵、調味料だからと野菜に大量のマヨネーズを投入するのは
せっかくの野菜に油をこってりぶっかけているのと同じことです。
生野菜を食べる場合は、ドレッシングはできればノンオイルのものにします。
近年はノンオイルドレッシングの種類が豊富で、ゴマやシーザー、和風のノンオイルはスーパーで簡単に手に入ります。お値段も特別高くはありません。
えごま油やココナッツオイル、エキストラバージンオリーブオイルは
体によい純正の油で、生で適量とることで体の潤滑剤となりますが
マヨネーズの油や天ぷらの油などの加熱したり長期間保存、加工された油、
また食物油も、食べることになんの問題もありませんが健康を意識するなら控えたほうが無難です。
お菓子やジュースも控え、お菓子を食べる場合もなるべく体によい
ナッツ類や、チョコレートならカカオ80%以上のものにしましょう。
ジュースは控えて普段飲むものは水やお茶にします。特に水は一日に2リットルを意識して飲むことで体内の循環がよくなり、血のめぐりもよくなります。
冷えが強い場合は常温かあたためた白湯で飲むのがオススメです。
きちんとした白湯の作り方は沸騰したお湯を冷やすといった作り方ですが
電子レンジであたためたものでもかまいません。
痩せるためには血行の改善、体内の循環をよくすることです。
過剰な油を控え体に良質な成分をとりいれデトックスを行います。