キャビテーションの効果を高めたい!正しい知識を知っておこう

キャビテーションは日本語で空洞化現象という意味で、エステでは超音波を利用することで、脂肪細胞を溶かしていく効果を持っている機械です。
原理としては脂肪を溶かすと気泡が弾けるため、キャビテーションを身体にあてることで、脂肪が砕かれて体外へと排出されやすくなります。
他の施術と違い、身体を切ることがないため、身体への負担が少なくて痛みも軽く、即効性があるのがメリットです。ダイエットで気になるリバウンドに関しても、体内の脂肪それ自体が減っていくので、リバウンドの心配もありません。
夏でも冷え性に悩む方やむくみのひどい方でも、即効性を感じることができ、セルライトが付きやすい方も筋肉周辺の脂肪を破壊することができるので、他の方法で効果がなくても、キャビテーションなら痩せていくのを実感できます。全身痩せというより部分痩せに向いていて、ウエストや太ももなど、脂肪が落ちにくい部分に集中的に施術してもらうと、リンパの流れもよくなるので、全身痩せにもつながり一石二鳥です。脂肪細胞が減少すれば基礎代謝も上がるので、脂肪燃焼効果が高まるというのも魅力です。
通う回数は個人差がありますが、一般的には5回程度とされています。週に2回の施術を受ければ、最短で効果を感じられますが、肥満体型の方になると、30回以上は受ける必要があります。脂肪は3~4日程度で排出されるため、間を開けて通うより集中して通うのがおススメです。
キャビテーションは脂肪をドロドロに溶かしてくれますが、それだけでは排出することができないため、効果を高めるためにはアフターケアが必要になります。エステならばコースにリンパドレナージュなどが用意されていることがありますので、このような施術をアフターケアで受けることで、より理想の身体へと近づけます。
施術前の食事は軽めで1時間前までに済ませる、施術後2時間は食事をしないなどの注意も必要です。さらに効果を実感したいなら、少量ずつ数回に分けて500mlほどの水を飲みましょう。身体を温めてできるだけ汗をかくようにして、汗や尿で体外へ排出してあげるのもおススメです。
毎日有酸素運動やセルフマッサージなどをすると、さらに脂肪排出を促進してくれます。キャビテーションは正しい施術を受けて、アフターケアをしっかりとすることで、部分痩せやセルライトの減少などが期待できます。
変化が出やすいのは内臓脂肪ではなくて皮下脂肪で、ウエストなど掴める肉の量が多ければ、それだけ1度の施術で落とせる皮下脂肪の量が多くなります。
胃腸の不調など多少の副作用がでることはありますが、キャビテーションは安全に脂肪を溶かして体外へと排出することで、健康的に痩せることができます。高額の料金を支払って痩せられなかったということにならないよう、正しい知識を持って施術を受ければ、リバウンドをすることもなく安全に痩せられるので、女性の間でとても人気の施術となっています。