効果を最大限にするためにキャビテーション前後の食事にも意識を

痩身方法としてキャビテーションは、激しい運動をしたりキツイ食事制限必須のダイエットではありません。厳しい制限がないのもポイントであり、ストレスを感じることもないです。最大限に効果を引き出すためにも、キャビテーションのあとは食事にも関心を持つ必要があります。基本的にはたっぷりの水分補給をすること、カロリー控えめなメニューを選ぶことです。

施術前ならば何を食べても、お腹いっぱいまで食べてもいいわけではありません。油をたくさん使う揚げ物や脂肪の多いに栗は、消化に時間がかかるため10時間くらい前は控えることです。できるだけお腹は空っぽな状態で施術を受ける方がよく、施術前に食べるなら1時間から2時間前には食事は終わるようにします。

消化が早くて低カロリーな食材を選ぶ方が良いので、野菜や大豆に果物はピッタリです。炭水化物を食べてはいけないわけではなく、食べるなら2時間から3時間前に、蕎麦やうどんなど消化の良い種類を選びます。うっかりとボリュームある、天ぷらや脂肪の多い肉料理と一緒には摂取しないことです。

ある程度中を満たしておくと、痩身効果のあるキャビテーション後の、強い空腹を和らげることにもなります。食べるならば軽いものを選び、お腹を程よく調整しておくことです。キャビテーションをしたあとは、大体2時間から3時間は時間を空けたら食べても構いません。ただし高カロリーメニューは選択しないこと、摂取量はほどほどに控えることです。

翌日以降に関しても効果をマックスで発揮させるために、カロリーは大体1200から1500カロリーを目安とすることです。最も脂肪が活発に燃えやすくなるのは、施術後の3日から4日目なので、この時期にドカ食いは厳禁であり、食事は低カロリーを意識します。人間はじっとして何もしなくても、カロリー消費されるのは基礎代謝のおかげですが、その割合はおよそ7割です。体を動かして行動をする消費カロリーが、あとの3割になりますから、カロリー収支はちょうどよくマイナスになります。

高たんぱくであり尚且つ低カロリーを、満腹ではなく腹八分目を目安に食べることです。全体的な食事量は減らすことになりますが、内容として栄養価は高くなります。たっぷりの質の良いたんぱく質を摂取するので、毛髪や肌がイキイキしてきますし、鶏肉や大豆などは美味しく食べられるたんぱく質食材です。

空腹を感じるようならば間食をして、ドカ食いを防止するようにします。良質な脂質を惜しみなく含み、栄養も高いナッツ類をよく噛んで食べることです。こまめに水を飲むこと、また野菜スティックをかじったり、新鮮な果物を少し食べても構いません。

脂肪が溶けると体外へ排出されますが、施術後の3日から4日はまさにピークです。肝臓はフル活動で仕事をするので、肝臓の疲労や負担を助けるためにも、身体に優しいメニューを適量食べるようにします。しじみや味噌にレバー、うなぎやチーズなども肝臓に良い食品です。