痩せるには間食の摂り過ぎに注意すること

間食を摂り過ぎると肥満の原因になることはみな知っています。例えば1日3食の人が2回の間食をすれば実質的に1日5食になってしまいます。カロリー過多になればより多くの脂肪を身体に蓄えるので、太りやすくなるのは当然です。

 

痩せるためにはカロリーコントロールが大切となるので、カロリー過多には注意してください。例えば体重が増え続けている状態なら、カロリーオーバーになっていると考えてよいです。現在よりも摂取カロリーを減らすために、間食回数を抑えるなど工夫してください。1日の総摂取カロリーを抑えていけば、体重は次第に減少していくはずです。

 

年を重ねるほど痩せるのが難しくなる理由は基礎代謝の低下にあります。脂肪・糖質の燃焼効率が低下してしまうので、少ししか食べなくても体重増加につながるのです。痩せるためには暴飲暴食を防ぐのが基本ですから、1食あたりの量を少なくすることも大切です。夕食後は眠るだけという方は、夕食のボリュームを減らしてみましょう。

 

仕事や運動前は多少多めに食べてもよいですが、就寝前に食べ過ぎるのは問題です。一般的に夕食のボリュームは最も大きくなりやすいですが、実際は最も少なくするべきなのです。就寝中は多くのカロリーは必要としないので、夕食は軽く済ませておく程度が好ましいでしょう。

 

どうしても間食をやめられない方は、食事のカロリー自体を少なくする必要があります。1日1,800kcalに抑えるならば、5食合わせたカロリー数値になるように調整します。つまり間食をする分だけ食事の量を減らしたり、低カロリー食材に変えたりするわけです。ただしタンパク質は筋肉を強化してくれる役割があるので、減らしすぎには注意してください。

 

炭水化物と脂肪を中心に抑えるようにすれば、少しずつ体重は減っていくはずです。痩せるためのモチベーションを維持するには、毎日体重測定をするのがおすすめです。体重の変化を知っておくことで生活スタイルの見直しも容易になります。

痩せるために必要なデトックスケア

痩せるために食事・運動ケアは必須です。
食生活における痩せるケアとは、体に良い食生活をすること。
白いものよりも茶色のもののほうが体の吸収がいいので、白米よりも玄米、食パンよりも黒糖パンやブランパンがおすすめです。
また、日々しっかり野菜はとります。両手いっぱいの野菜をとることが理想です。
野菜は熱すると体積が減るため、一番手軽なのは野菜炒めやスープにして飲むこと。
キャベツをバターで炒めたり、丸ごとのたまねぎをコンソメスープで電子レンジ調理するだけで出来上がります。
味が足りなければ塩コショウはもちろん、お酢やレモン、七味やラー油を足してもかまいません。
ただし、マヨネーズやケチャップを過剰に投入するのはやめます。
特にマヨネーズは油と卵、調味料だからと野菜に大量のマヨネーズを投入するのは
せっかくの野菜に油をこってりぶっかけているのと同じことです。
生野菜を食べる場合は、ドレッシングはできればノンオイルのものにします。
近年はノンオイルドレッシングの種類が豊富で、ゴマやシーザー、和風のノンオイルはスーパーで簡単に手に入ります。お値段も特別高くはありません。
えごま油やココナッツオイル、エキストラバージンオリーブオイルは
体によい純正の油で、生で適量とることで体の潤滑剤となりますが
マヨネーズの油や天ぷらの油などの加熱したり長期間保存、加工された油、
また食物油も、食べることになんの問題もありませんが健康を意識するなら控えたほうが無難です。
お菓子やジュースも控え、お菓子を食べる場合もなるべく体によい
ナッツ類や、チョコレートならカカオ80%以上のものにしましょう。
ジュースは控えて普段飲むものは水やお茶にします。特に水は一日に2リットルを意識して飲むことで体内の循環がよくなり、血のめぐりもよくなります。
冷えが強い場合は常温かあたためた白湯で飲むのがオススメです。
きちんとした白湯の作り方は沸騰したお湯を冷やすといった作り方ですが
電子レンジであたためたものでもかまいません。
痩せるためには血行の改善、体内の循環をよくすることです。
過剰な油を控え体に良質な成分をとりいれデトックスを行います。

おすすめのダイエット食品

ダイエット食品のおすすめは色々有ります。

やっぱりいちばん太るのは炭水化物のとりすぎによるカロリーオーバーです。

低炭水化物ダイエットが一時期とてもはやったように炭水化物は

体内にはいるとスムーズに糖にかわって、消費しきれなかったカロリーは

すぐに脂肪になります。

人間の歴史上、稲作や小麦の栽培がはじまって爆発的に人口がふえたように

炭水化物のカロリーは非常に大きく。マツコ・デラックスなどはお米ばかりたべて

今の体型になったそうです。

そんなカロリーオーバーになりがちな炭水化物の吸収をおさえるのが

DHCのファビノールです
http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=36106&sc_iid=catop_diet_01_eat-bn1

炭水化物食べ過ぎの人にはぜひおすすめです。

 

もうひとつおすすめなのが天使スペシャルでお馴染みの天使のパウダーです

これは乳酸菌を濃縮したパウダーで、これをのむことによって腸が浄化され、痩せやすい体質になるとのこと。

美しく痩せたい人におすすめです。