杜仲茶に含まれる注目成分

杜仲茶には、ダイエットや健康効果へ期待が集まる注目成分が含まれています。まずその成分のひとつとして、ゲニポシド酸があります。ゲニポシド酸が与える働きとして、高血圧予防、間接津、腰痛、肩こりの緩和、利尿作用、筋肉や骨の老化防止があります。ゲニポシド酸は、副交感神経に作用して、動脈の平滑筋を刺激して血管を広げる作用を持っており、この作用から血液の流れが良くなり、血圧が下がったり、関節痛や筋肉の痛みを緩和します。

もうひとつの注目成分は、アディポネクチンです。この成分は脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの一種で、糖尿病や動脈硬化など様々な疾患の予防につながるといわれており、杜仲茶にも含まれています。脂肪細胞から分泌されるホルモンですが、内臓脂肪がある一定量を超えて増加しているとアディポネクチンは減少することがわかっています。内臓脂肪が多すぎると、メタボリックシンドロームからさまざまな疾病を招きますし、ダイエットの妨げともなりますので、杜仲茶を生活に取り入れると、体内から改善することができます。

ブルーベリーの効果について

視力の低下、目の疲れやかすみ目・ぼやけなどの眼精疲労に昔からよい食品とされているのがブルーベリーといわれています。このブルーベリーですが、全世界に200種類あると言われています。実際目に必要な栄養素として、アントシアニジン、ルティン、DHA、ベータカロチンが目に必要な栄養素であります。200種類もあるブルーベリーの中で一番アントシアニジンが一番多く含まれているのがビルベリーです。現在は、携帯電話や

 

パソコンなどのOA機器の普及で、目がより酷使されていくと眼精疲労で目が疲れかすみやぼやけが生じてきます。これらを予防すために、ブルーベリーに含まれるアントシアニジンをサプリで利用することで予防することができます。このアントシアニジンという成分の効果は、視覚機能を改善する効果、眼病を予防する効果、また眼の改善以外の効果としてもも、メタボリックシンドロームを予防する効果、花粉症を予防する効果があるとされています。

ノコギリヤシと医薬品として使用している国もあります

日本ではサプリメントとして流通している「ノコギリヤシ」ですが、ヨーロッパの多くの国では治療用の医薬品として認められています。ノコギリヤシが治療に用いられる病気は、「前立腺肥大症」という病気です。前立腺肥大症は、男性ホルモンのバランスの見られが主な原因となっているといわれており、40代以降の男性に多く見られる症状です。前立腺肥大症に対する治療法というと、ホルモン系や交感神経系の薬を用いるのが今までは一般的でした。

しかし、それらの薬は、性欲の減退、勢力の低下、めまいや倦怠感などの副作用をあらわすことが少なくないとされています。一方のノコギリヤシは、前立腺肥大症への改善効果が高いことはもちろんのこと、副作用もほとんどないと言われています。最近では、日本のクリニックなどでも使用されることが多くなっているようです。日本では、ノコギリヤシはサプリメントとして多く流通しているため、手軽に手に入れる事ができます。サプリメントを選ぶ際には、ノコギリヤシエキスの1日当たりの摂取量が320mg以上となる物を選ぶようにしましょう。

グルコサミンは関節等の潤滑油的な役割があります

よくTV等のコマーシャルで、このグルコサミンのサプリメントの紹介がされていますね。このグリコサミンは体に元々から持っているものですが、それが年齢とともに減少するんですね。これから年齢から来る関節痛等の症状が出てきます。そのグルコサミンを補う事で、足や手の関節を滑らかに動かすことが出来るんですね。特に冬の寒い時期は、足や手を動かすのがつらい時がありますよね。しかし年齢だからとあきらめずにこのグルコサミンを補う事で、関節の動きが良くなるんですよ。

それはまるで、機関車に油をさすような潤滑油的な役割がありますね。その潤滑油がグルコサミンですね。そのグルコサミンを取るには、手軽なサプリメントが一番ですね。だってサプリメントは、錠剤等だから飲むのに手軽で便利でしょう。それにグルコサミンを取るだけで、あのお肌にも良いヒアルロン酸を体内でつくれるそうです。これはお肌にも最高に良い栄養ですからきれいになりたい人もグルコサミンを取る事ですね。そして、それはサプリメント等の健康食品を取り扱うサイトやショップで購入ができますよ。

コエンザイムQ10について

コエンザイムQ10とは、体のあらゆる細胞に存在している補酵素であり、もともと体内で合成されている物質です。ではなぜ、サプリメントでコエンザイムQ10を摂取する必要があるのでしょうか。  コエンザイムQ10には2つの働きがあります。一つは、食事の糖分や脂肪、タンパク質をエネルギーに変える働きです。体内では細胞内のミトコンドリアでエネルギーが作り出されていますが、その時にコエンザイムQ10が補酵素として働きます。

もう一つは、活性酸素による酸化から細胞を守る抗酸化作用です。同じ抗酸化物質のビタミンEの働きを助け、免疫力を高めてくれます。さらには、がんや高血圧、動脈硬化など多くの病気を予防する働きがあるといわれています。 このように、コエンザイムQ10は重要な役割を果たしているのです。しかし、加齢によってその生産量は減少してしまいます。食品から摂取することもできますが、普段の食事から十分な量を摂取することは難しいとされており、サプリメントで補充するのがおすすめです。